top of page
検索
  • 執筆者の写真宏人 セーチェニ

ハンガリーでの生活② [Győr]

お久しぶりです。


しばし更新が遅くなりましたが、前回のハンガリー生活(私生活)のブログでは中々公表の声を頂き、とても嬉しかったので頑張って書いていきたいと思います!


前回は自分の住んでいた"Pápa"を紹介していきました。

今回は自分が通っていた大学の街"Győr(ジュール)"について紹介します。


(Győr vasútállomás/ジュール駅)


こちらの画像が駅やバス停センター等がまとまった中心点、ジュール駅となります。


駅の中がこちらです。

上が時刻表で電子版ではなく、電車が発車するとパラパラと空港とかであるような回る時刻表になってます。


ここには載せてませんが、この横をずっと進むとバスのセンターがあり、電車でなくバスで各地区への移動が可能です。

値段に関しては場所によりますが、バスの方が安いです。


問題は移動時間ですが、バスと電車で大した違いはありません。

厳密には電車の方が早いは早いですが、待ち時間がとにかく長かったり、遅れたり中止になったりが当たり前にあります。

何故かその点バスは遅延等はあれど中止とかはあまり見かけないです。


国的に電車に予算を使っていないというのもあり得る話ですが・・・

それにしても隣町に行く等ある程度の移動はバスの方が圧倒的に有効です。


ただ、こちらの電車でとても便利なのは・・・

上の地図を見て頂ければお分かり頂けると思いますが、このジュール駅から隣国の『オーストリア』がとても近く、なんとここの電車から一本でオーストリアへ入る事ができます。

移動時間はおよそ1時間ちょっとといったところでしょうか。

ウィーンまではそこからもう少し時間を要しますが、国に入るだけならあっという間に着きます。

日本ですと東京から神奈川あたりと思ってもらえればいいかな?



駅から歩いて15分程、こんな景色のとこに出たりします!

ハンガリーの街では中々大きな建物になります。

右に映ってるのが教会です。 左はよく分かりませんが事務所となってます。

夜は街灯がとても美しく、心が癒されます。


拾い画で申し訳ないですが、こんな感じで至る所でライトアップ、イルミネーションがあります


大学の向かい側に橋があるのですが、そこもイルミネーションされたりととにかく美しい街と謳っているだけあります。

そしてここに映っている川はあの有名なドナウ川と繋がってます。


こんな場所もあったり。

道はとにかく長い!ってのが印象ですかね。

これは恐らくヨーロッパで共通してるところかもしれませんが、前回のPápaでも同様、目の前に見えるのに歩くと結構時間かかる!なんてことが多々あります。

Győr等は見通しが良い為、尚更そう感じる事があります。


そしてこちらが自分の通っていた大学のホールというべきなのかな?外装になります。

元々は教会だったみたいなのですが、ある時に大学と融合されてそのままコンサート会場になったのだとか・・・

一応ここの建物自体は観光地としても登録されてる為、一般の方でもチケットを買って入場することが可能です。

反対側はこんな感じ。 正方形ですね。

音の響き方はコンサート会場というよりやはり『教会』といった響きになります。

どんな音もとても神秘的な響きで繊細の音も華やかに、また嫌な反響などは無くいい感じに音が飛び交います。

逆にこの中で会話すると若干聞き取りづらくなります。




(正面入り口)

最後に載せた写真が入り口になります。 左の門が開いているのが分かると思います。

基本どこの扉も施錠されている為、基本入り口はここだけになります。

コンサートなどが開かれるとたまに裏口が開いたりもしますが、大体はここだけです。


道が入り組んでいたりと最初訪れる方は皆この入り口を探しますね。

あれだけ後ろで大きな建物があるので尚更苦労することでしょう。

ましてやこの裏にあるこの門が入り口?と疑問にも思うはず。

この写真から見える正面の二つ扉のが教会、ホールの正面入り口になるのですが、またここも基本は閉じられてます。 もうややこしいですね。

人を入れさせる気はないみたいです。


因みに建物への入り口は・・・

この画像の場所、右奥の扉になります。

大きな案内板みたいのもないのでとても分かりずらく、中に入るまでが難関という脱出ゲームならぬ入場ゲームです。


自分も在学中、疑問を持ちながら恐る恐る中に入って来た観光客の方々をちょくちょく見かけます。

またハンガリー語が話せない人が入ってくると大体自分が対応したり・・・

「あれ?ハンガリーって英語とか話さないの?」とか疑問を抱いた方もいるかもしれません。

それはまた次回説明します!


今回結構画像が多く語れる事も少なかったですが、一応"Győr"という街並みを簡単にご紹介させて頂きました。

次回は言語のことや人柄などについて紹介しようかなと思います。

恐らくこの街を紹介する記事は滅多にないのかな?なんて自負しちゃったり・・・

大体ハンガリーで紹介されるのはブダペストの印象が強い感じがします。

そんなブダペストとは全然違う、ハンガリーの雰囲気や環境等これからも簡単にでも紹介できればなと思ってます。

ここまで読んでくれた方有難うございます。

次回もお楽しみに!


宏人

閲覧数:78回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page